読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田中マルクス闘莉王@愛媛戦。

 試合前は割愛。とりあえず……どうしようもねぇな。助平根性は。とだけ。

 試合内容は……試合内容は。

 勝っただけ。

となるかどうかは今後次第。だと。

 前回勝利時の選手コメントにて至らなかった部分を口にした事実があったにも関わらず、修正出来ぬまま口にした間違いを繰り返して長らく勝利から遠ざかった現実があるわけです。

 そして愛媛戦も変わらぬまま今までと変わらない形で失点を繰り返し、難しい試合になってしまったわけです。

 だからこそあえて

「勝っただけ。となるかどうかは今後次第」

だと。この勝利が良薬となり進化するのか、今までと同じように繰り返し続けてしまうのか。

 繰り返し続けるなら、

「勝っただけ」

なわけで、これで過ちの繰り返しから脱却出来るならば、

「意味のある勝利」

なはずですが、前者の道しか感じられない試合内容だったなぁ。と。

 なんせ田中マルクス闘莉王(…何故かフルネームを言いたくなるんです……)選手がいなきゃ確実に負けてた試合。彼は現時点で何もかもが別格です。

 これからも彼一人に頼り続けるのか、彼の荷を共に背負える選手が現れるのか。後者の出現こそがJ1昇格……いや、J1復帰への第一歩やな。と感じる次第です。

 あとは、勝利後はゴール裏に一言でいいから声をかけてって欲しいなぁ。と。

 マイク通さなくてもいいし、本当に「応援ありがとう」だけでもいいんですから。

 というか「勝ちに繋がる活躍をありがとう」と言える時間が欲しいんですよね。